FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織再編はヘビー 

組織再編はヘビーですね。吸収合併、新設合併までは頑張っても、吸収分割あたりからイライラが始まり、新設分割で本格的にイライラ。株式交換に入ったところで、テキストを床に叩きつけ・・たくなりました。今日はここで終了。明日もう一度株式交換からかな。

それにしても、このあたりは覚えることに際限なく、どこまで覚えればいいのやら分からないのは私だけか?。一応、午前択一は2年連続基準点を突破している私としては、そんなに張り切らなくてもいい分野かな~っとも思うんだけど、いかがなもんでしょう。中途半端に覚えていても、憲・民・刑で疲れきった頭では正解出すのは難しいと思うし。ただ、割り切って勉強する勇気はないし、悩みどころの分野です。


本日の勉強時間:約5時間半
会社法  テキスト:65ページ
不登法  記述の問題:1問

不登法の記述のスキルがアップしてきたかな。それとも、ただの勘違いか!?
スポンサーサイト

会社の継続 

明日から組織再編。組織再編って午前の択一で出されると、憲・民・刑と解いてきた頭にはツライと思うのは私だけ?。ブドウ糖が残っていない脳だと、意外とポカしちゃうんだよね。来年は角砂糖を持参するかな。。


本日の勉強時間:約4時間半
会社法  テキスト:48ページ
不登法  記述の問題:1問      

会社の継続
□ 株式会社の継続(473条)
→株主総会の特別決議
① 定款で定めた存続期間の満了(清算結了まで)
② 定款で定めた解散の事由の発生 (同上)
③ 株主総会の決議(同上)
④ 休眠会社のみなし解散(解散したものとみなされた後3年以内)

□ 持分会社の継続(642条)
→社員の全部又は一部の同意
→継続に同意しなかった社員は、継続することとなった日に退社
① 定款で定めた存続期間の満了(清算結了まで)
② 定款で定めた解散の事由の発生 (同上)
③ 総社員の同意(同上)

株式会社の役員の解任の訴え、清算人の解任の申立  

会社法、書式に関係する分野以外は記憶率が低い・・。午前の基準点も高いことだし、会社法は何とか-1問で押さえたいところ。条文読みながらテキストの反復あるのみかな。LECの択一六法を買おうかなとも思うけど、どんなもんかね~。

一昨日の勉強時間:0

昨日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約6時間
会社法  テキスト:75ページ
不登法  記述の問題:1問
      

株式会社の役員の解任の訴え、清算人の解任の申立
□ 役員の解任の訴え(854)
・職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があったにもかかわらず、解任議案が否決された
・当該役員を解任する旨の株主総会の決議が(拒否権付)種類株主総会で否決された※
・(種類投票株式の)種類株主総会で否決された
   ↓
株主の役員解任の訴え
・100分の3(議決権ベース)+6ヶ月以上前
・100分の3(発行済みベース)+6ヶ月以上前

→株主総会の日から30日以内

□ 清算人の解任の申立(479)
重要な事由があるときは、裁判所は、次に掲げる株主の申立てにより、清算人を解任することができる
・100分の3(議決権ベース)+6ヶ月以上前
・100分の3(発行済みベース)+6ヶ月以上前


※「323条の規定により効力を生じない場合には」(854条)

「当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決議があることを必要とする旨の定めがあるときは・・」(323条)

拒否権付株式でいいんですよね?

株式会社と取締役との間の訴えにおける会社の代表、報告義務 

昨年はスタートが遅く(昨年というより今年スタートでしたが・・)、会社法は条文を見る時間がほとんどなかったので、今、条文をこまめに引きながらテキスト読んでます。その分、進行速度は遅め。あまりいいテキストじゃないようで、条文読んだほうが良く分かったりします。


本日の勉強時間:約4時間半
会社法  テキスト:45ページ      

株式会社と取締役との間の訴えにおける会社の代表
□ 株主総会は、株式会社を代表する者を定めることができる(353)

□ 取締役会は、353条の定めがある場合を除き、取締役会設置会社を代表する者を定めることができる(364)

□ 353条、364条の規定にかかわらず、監査役設置会社では監査役が株式会社を代表する(386)

報告義務
□ 取締役:会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見
     ↓
   株主(監査役(会)設置会社にあっては監査役(会))に報告(357)
    →株主による取締役の行為の差止め(360)
      :著しい損害が生ずるおそれ(監あり→回復することができない損害)
    →監査役による取締役の行為の差止め(385)
      :著しい損害が生ずるおそれ

□ 監査役:取締役が不正の行為をし・・の時
     ↓
   取締役(取締役会設置会社の場合は取締役会)に報告(382)

□ 監査役:取締役が株主総会に提出しようとする議案等を調査し、法令・定款違反、または著しく不当な事項を発見
     ↓
   株主総会に報告(384)

□ 会計参与:職務を行うに際して取締役の職務の執行に関し不正の行為・・発見したとき
     ↓
   株主(監査役(会)設置会社にあっては監査役(会))に報告(375)

□ 会計監査人:職務を行うに際して取締役の職務の執行に関し不正の行為・・発見したとき
     ↓
   監査役(会)に報告(397)

募集に係る責任等  

募集株式の発行と新株予約権の発行・行使の異なるところを丹念に追っていたら時間を喰ってしまった。今のペースだと、テキスト読みに16日かかりそう。まあ、いいか。


本日の勉強時間:約5時間
会社法  テキスト:60ページ
不登法  記述の問題:1問      

募集に係る責任等
□ 不公正な払込金額で株式を引き受けた者等の責任(212)
・取締役と通じて著しく不公正な払込金額で募集株式を引き受けた
・現物出資財産の価額が~著しく不足
 →差額、不足額を支払う義務を負う
 →善意・無重過失の場合、引受けの申込みに係る意思表示の取消可

□ 取締役等の責任(213)
・現物出資財産の価額が~著しく不足
 →職務を行った業務執行取締役等、株主総会・取締役会に議案を提案した取締役は不足額を支払う義務を負う
 →検査役の調査を経た場合、職務を行うについて注意を怠らなかったことを証明した場合は、責任を負わない

□ 証明者(弁護士等)の責任
→不足額を支払う義務を負う
職務を行うについて注意を怠らなかったことを証明した場合、責任を負わない

のところがパラレルに考えられるのだろう。
ところで、取締役と通じて著しく不公正な払込金額で募集株式を引き受けた場合の取締役の責任はどうなるのか?423条の任務懈怠責任かな?。

相続人等に対する売渡し請求 

昨日の頭の中のスイッチは壊れていたようで、やはりかなり忘れてます。スイッチの修理にかなりの時間を要しそうな予感。。


本日の勉強時間:約3時間
会社法  テキスト:40ページ   

相続人等に対する売渡し請求(174条~)
□ 定款で定めることができる
□ 譲渡制限株式に限る
□ 請求をするには、その都度、株主総会の特別決議
□ 株式会社が、相続その他の一般承継があったことを知った日から1年以内
□ 株式会社は、いつでも撤回できる
□ 原則:売買価格は協議による
      →請求があった日から20日以内に裁判所に対し、価格の決定の申立可
□ 価格の決定の申立がない場合(協議が調った場合を除く)、売渡請求は効力を失う

今日から会社法 

本日から会社法。最初の1時間はどうなることやらと思ったものの、頭の中の会社法スイッチがまだ残っていたようで、パチっとスイッチが入ってからは記憶が蘇り始めました。


昨日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約3時間
会社法  テキスト:40ページ
不登法  記述の問題:1問      

発起人による定款変更の禁止(95条)
□ 検査役の調査の報告
        ↓
裁判所による変更決定
        ↓
発起人の設立時発行株式の引受けに係る意思表示の取り消し
        ↓
発起人は全員の同意により、決定後1週間以内に限り、当該決定により変更された事項についての定めを廃止する定款の変更をすることができる(33条4項7項8項9項)
        ↓
募集設立の場合、払込期日または払込期間の初日以降は、上記の規定にかかわらず、定款の変更をすることができない(95条)

発行可能株式総数の場合は知っていたけど、こっちは覚えてなかった・・

不登法終了 

更新が滞ってましたが、さぼっていた訳ではな・・きにしもあらずか?
忙しいの今週一杯で、その後は毎日4、5時間は勉強できるはず。


16日の勉強時間:0

17日の勉強時間:2時間
不登法  記述の問題:2問

18日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約4時間半
不登法  記述の問題:2問
      その他      

その他はノート作成など。
本日で不登法はほぼ終了。コピーとったり、ノート作成が若干あるかな。不登法に関しては、コツコツと記述の演習を積み重ねていけば、特に問題はないかな。明日から商登法&会社法。まずはテキスト読みから始めます。

不正登記防止申出 

今日で2008年度分の模試の復習は終了。Wセミナー3回分、LEC2回分、伊藤塾1回分。不登法は圧倒的?にWセミナーが難しいですね。高得点には細かい知識が必要なようです。来年は自信失くさないように、Wセミナーの模試は受けるのやめようかな。


本日の勉強時間:約3時間
不登法  択一演習:17問
      記述の問題:1問      

不正登記防止申出
不正登記防止申出は,登記名義人又はその代表者若しくは代理人(委任による代理人を除く。)が登記所に出頭してしなければならない。ただし,当該登記名義人又はその代表者若しくは代理人が登記所に出頭することができない止むを得ない事情があると認められる場合には,委任による代理人が登記所に出頭してすることができる。(不動産登記事務取扱手続準則35条1項)
→出頭する
→原則として本人が出頭

不正登記防止申出の日から3月以内に申出に係る登記の申請があったとき
→申出をした者に通知する
→登記官による本人確認(∵疑うに足りる相当な理由) 
  →本人確認の調査を完了したことを通知

ドンマイ。。 

風邪がほぼ治ったかな。今は鼻水少々、ボーっとした感じ少々。
さてさて不登法の択一演習も、あとLECの模試1回分で2008年分は終了。とりあえずこれで終わりにして、商登法に移るのがいいかな~。2007年分もやると、あと10日はかかりそうだしね。


一昨日の勉強時間:約1時間

昨日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約5時間
不登法  択一演習:17問
      記述の問題:1問
      
抵当権の債務者の相続
□ 変更後の事項 連帯債務者 A、B

今日、記述の問題を解いていて、連帯債務者って書いてしまった。
連帯債務を相続すると、債務は分割されて本来の連帯債務者とその範囲内で連帯して債務を負うってのが頭の中をよぎったもんで。。ドンマイ。。

風邪が治らん 

随分と風邪が長引いてます。なかなか完治せず。熱はないんだけど、鼻水ジュルジュル&頭がボーっとしてる。早く治ってほしいなぁ~。集中力が持続しないよ。


昨日、一昨日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約5時間
不登法  択一演習:20問
      記述の問題:1問      

仮登記の登録免許税
□ 本登記を申請する場合の課税標準が不動産の価格である場合
   →本登記の税率×2分の1
  その他の場合
   →不動産1個につき1000円

□ 抵当権設定の仮登記は1000円

会社分割 

今日はお見舞いに行ったり、なんやかんやで小忙し。明日、明後日もあまり時間取れそうにないな~。


本日の勉強時間:約2時間半
不登法  択一演習:13問

(根)抵当権の会社分割による移転登記の登記原因証明情報
□ 抵当権:会社分割の記載がある登記事項証明書+分割契約書
   根抵当権:会社分割の記載がある登記事項証明書のみ

上は今年の本試験。下はWセミナーの今年の模試から。なぜ違うか分かるかな~?

模試の復習 

今年のLECの公開模試の復習を始めました。かなり細かい知識が要求される問題もありますが、本試験に近い感じですかね。今までは過去問とテキストだけの勉強でしたが、少しだけ知識を増やそうと思います。消化できる範囲内でやります。


本日の勉強時間:約5時間半
不登法  択一演習:22問
      記述の問題:1問
      その他

抵当権の処分等
□ 一個の抵当権の一部についての順位譲渡・放棄 : ○
   一個の抵当権の一部についての順位変更 : ×

択一過去問終了 

昨日、一昨日と風邪でダウン。1日ぐっすりと寝てなんとか回復。今日から勉強再開したけど、予定より随分と進行が遅いな・・。そうだ、今日で択一過去問終了。あとは今年受けた模試の復習だな。去年受けた分はどうしようか考え中。記述もじっくりとやりたいところだし、予定をずらすしかないかな~。


本日の勉強時間:約3時間
不登法  過去問:15問
      記述の問題:1問
      
H13-12
被相続人Aが生前に売却した土地の所有権移転登記が未了である場合において、Aがその財産の全部をBに包括遺贈する旨の遺言をして死亡したときでも、当該土地の所有権移転登記の申請は、Aの相続人全員を登記義務者としてする。答:×
→包括遺贈者Bが登記権利者と共に申請

”包括”に注意が向かず、何のことか分からなかったのは内緒だ。

信託・・ 

過去問は信託に入ってちょっとスピードダウン。
あまり気合を入れる分野ではないかもしれないけど、今年も少し出たし、来年は改正絡みでドンっと1問出題があるんじゃないかと思うと、気を抜けないな。古い過去問集じゃなくて、新しいので確認しておこう。もちろん、立ち読み

本日の勉強時間:約5時間半
不登法  過去問:33問
      記述の問題:1問      

H5-15オ
共同根抵当権の目的である不動産の一部について極度額の増額による変更の登記の申請をする場合において、共同担保となっている他の不動産に他の登記所の管轄に属するものがあるときは、その登記に関する登記事項証明書を提供することを要する。答:×

増額変更の時はいらないんですね。恥ずかしながら初めて知った。
地役権の変更の登記の申請書に、要役地の表示がいらないってのと同じ匂いを感じる。
まったく関係ないと思うけど・・。

ごちゃごちゃ 

頭がボーっとして、喉が痛い。風邪引いたかな。
そんなワケで集中力なし・・
勉強時間短し・・


本日の勉強時間:約2時間半
不登法  過去問:20問
      記述の問題:1問

択一過去問は抵当権、根抵当権のあたり。特に問題となるところなし。順調です。しいてあげれば順位変更の利害関係人かな。以前受けた伊藤塾の模試に、極度額の増額変更の利害関係人の問題があって、利害関係人に当たる後順位抵当権者に順位譲渡した抵当権者は利害関係人じゃないってのが良く分からず、このあたりごちゃ混ぜになってます。順位変更の場合にあてはめると、利害関係人に該当する。ごちゃごちゃ。

ポカ 

今日は風が少し強めでしたが、いい天気でしたね。私は連休中は家にいます。その割りに勉強時間取れなかったな~。


本日の勉強時間:約3時間20分
不登法  過去問:27問
      記述の問題:1問      

今年のLECの公開模試1回目の記述の問題を解いた。簡単だな~っと思ったら、平均点も高かった。実際の模試の時の得点は良かったけど、今回はちょっとポカしてしまった。問題演習だとついつい気を抜いてしまうのが悪い癖。これだと解く意味ないな。もっと集中して解かなくては。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。