FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3日ほど・・ 

・・空白の日。忙しさ半分、サボリ半分。

昨日からまた少しずつ勉強を再開しました。

民訴の過去問は明日で終わりそうです。

そのあと、模試の問題解きと条文読み。

年内に終わるか微妙になってきちゃったような・・。

スポンサーサイト

民訴・・ 

・・やっとテキストを読み終わり、今は過去問を解いてます。

たった180ページのテキストを読むのに4日。民訴、一番とっつき難い科目です。

本試験で1問間違えた民訴、今日解いたら2問間違えた。かなりショック。。

民訴は条文と問題演習をメインにしようと思います。

本試験では民訴・民執・民保で-1問が目標です。


さてさて、年内に民訴終わるかな。一応、終わらせる予定でいます。

年が明けたら民執・民保。供託法、民法の順番かな。記述の演習も始めます。

頑張っていこう!!

法人は・・ 

・・通達を読み終えました。
そんなに時間を掛けなかったので、あまり頭に入ってないけど、4,5回まわせば基本的なところは押さえられるかな~っと思ってます。

で、民訴系を始めようかとも思いましたが、商登法に戻って、平18.3.31民商782号をやってます。明日で終るかな。

ではでは

土日は・・ 

・・やる気が出ず、イライラしながらやっても仕方ないということで、ほとんど勉強せずに充電期間としました。そのせいか?、今日はすこぶる順調でした。

今は法人の勉強をしてるんですが、会社法とほとんど同じ感じですね。とりあえずは基本的な知識と、会社法との違い、一般社団法人と一般財団法人の違いをメインに押さえていくのがいいかな~っと思ってます。

なに使って勉強してるのかというと・・

一般社団法人及び一般財団法人制度Q&A

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律等の施行に伴う法人登記事務の取扱いについて(通達)

です。見つけました。

ただ、これで十分なのか私には判断が付かない。どんなもんですかね?

商業登記法の・・ 

・・問題を解き終わりました。

一般社団法人の問題を一問飛ばして30問中29問正解。惜しかった。

全ての肢が分かったワケではないけど、とてもよい出来でした。

問題に対して相性が良かったんだと思うけど、それでもこの問題集の商業登記法は本試験レベルよりもちょい下の感じがします。


さてさて、予定より早く不登法、商登法の問題演習が終わったので、明日は休養・・てなワケにはいかないか。

商登法の条文読みをしようと思います。法人の勉強もしないといけないですね。

不登法の試験によく出る先例も買ってきたので、これも並行して読むことにします。

年内に民訴系に入れそうだな。いいペースだ。

ではでは。

択一式問題集の・・ 

・・会社法・商法・商業登記法を解いてます。Wセミナーのです。

会社法・商法が今日終わったんだけど、正解率70%弱。

後半はそうでもないんだけど、前半が非常に難しいです。

でもまあ、昔の過去問(変な日本語??)解くよりは勉強になるんじゃないかと。

おすすめ度はそこそこです。

この問題集をやっていて初めて知ったこと。

競業及び利益相反取引の制限が清算人にもあること(482条4項・356条)。

監査役にはないってことしか知らなかった。

あとは新株予約権発行無効の訴え。

こんなのあったんだ・・(汗)。テキスト見たら、一行だけ書いてあった。

う~ん、来年の会社法・・大丈夫か?俺。

オンライン申請 

商登法の場合、取り下げはオンラインまたは書面でも可

不登法の場合、取り下げはオンラインのみ。


私の心の叫び

同じにしてくれ!!

すこぶる・・ 

・・調子がいいです。商登法。

組織再編あたりでも、そこそこ細かいところまでは頭の中に入ってる感じです。あくまでも”そこそこ”だけど。

吸収分割承継株式会社の簡易の時であっても、株主が反対する旨を会社に通知した場合は、会社法796条4項の規定により株主総会の決議による承認を受けなければならない場合に該当しないことを証する書面を添付する・・なんてのは今日始めて知りました。

テキストを見てみたら、書いてありました。やっぱりというか、テキスト読みを中心に勉強していると、惰性&慢性?で、読まないところは毎回読んでないようで。やっぱ問題演習も重要ですね。

商登法が調子いい代わりに、会社法の細かいところが既にポツポツと記憶から・・

これは何回もまわせば、本試験までには定着してるはず。ポジティブに考えよう。

商登法の・・ 

・・今年の本試験の過去問を解きました。

本番と同じく33問だけ間違えました。

33問はオンライン申請の問題。”オンラインによって登記事項証明書の送付請求をすることができる”なんて肢がアからクまで。

こんな問題解けません。開き直っちゃまずいとは思うけど、解けません。解けた人、尊敬します。

あなたは凄い!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。