スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失効の申出と有効証明 

・登記名義人の氏名等が登記記録と合致しないときは、左記を証する情報を提供しなければならない(規則65、68条5項)
・登記名義人の相続人その他の一般承継人が申出(請求)をするときは、相続その他の一般承継があったことを証する情報を提供しなければならない(規則65、68条6項)

で、これはいいんだけど、有効証明のほうだけ
資格者代理人によって第一項の証明の請求をする場合には、第五項及び第六項の規定にかかわらず、これらの規定に規定する情報は、提供することを要しない(68条15項)
ってあるんです。
失効の申出にはないんだよね。なんでだろう?。条文見落としてるのかな。

以上、不登法のお話でした。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Re: 失効の申出と有効証明

はじめまして。
ROMるほど有意義なことは書いてないなと、ちょちと冷や汗;;
で、本題ですが、多分、仰るとおりなんだろうと私も思います。
極悪司法書士が失効の申出して、住民票も勝手に移して本人確認情報を適当に作り、他人の土地を売り払って海外へ高飛びするのを防止・・が立法趣旨かも。ちょっと飛躍しすぎか。
あとは、失効の申出は登記識別情報の添付不要だから、その分、申請人の確認をしっかりするため。これも理由かなと、昨日寝る前に思いつきました。
ただ、このあたりは細かいですかね。でも、来年出るといいな(笑)
それでは、またコメントお待ちしております。頑張っていきましょう。

Re: 失効の申出と有効証明

管理人のみ閲覧できます
へのコメントの仕方がよく分からないので、お返事がそのまま出ちゃいました(汗)
下の(管理者にだけ表示を許可する)にチェック入れるんですかね。ごめんなさい。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winsor.blog36.fc2.com/tb.php/136-e384d906

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。