FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から過去問 

本試験から3ヶ月間休んだのがよかったのか、テキストの内容が頭の中にスラスラと入いるな~。まあ、まだ不登法のみ。入って普通。入らなければ未来はないか・・。


本日の勉強時間:約5時間20分
不登法  過去問:33問
     記述の問題:1問
     

H14-17ア
意思能力を有する未成年者は、親権者の同意を得て自己所有の不動産を売却した場合には、登記申請につき親権者の同意を得ずに、買主と共同して所有権移転登記を申請することができる。
答:○

売買契約 → 親権者の同意が必要
登記申請 → 親権者の同意不要
登記申請を司法書士に委任 → 委任契約につき、親権者の同意が必要

最後の場合、代理権限証明情報として「未成年者の委任状及び親権者の同意書」って書くのか、それとも同意書込みで委任状って考えて「未成年者の委任状」だけでいいのか。多分前者だと思うんだけど、分からん。センスないのか?。誰か救いの手を・・
スポンサーサイト

この記事へのコメント

はじめまして。

hiro 様

こんにちは。はじめまして。^^
「司法書士試験コミュニティ」つながりで、やってきました。

私も受験生で、ブログやっています。よろしくお願いいたします。

実は、私もこの設問に関して、ちょうど同じ日に記事に書いていました。
全く奇遇ですね。かなりビックリ仰天してしまいましたけど・・・。


親権者の同意なしで、本人が登記申請できる。

でも、司法書士に登記申請を委任するというのは、即ち、
委任契約という法律行為を行うことなので、

親権者が未成年者本人の法定代理人として、
登記申請を司法書士に委任するのかな?

よって、未成年者の委任状は不要で、
親権者の委任状は必要。

と思いました。

さて、正解はどうなのでしょうか?
勉強不足で、よく分かりません。(>_<)

すみません、おそまつでした。

追伸

hiro 様

はじめましてなのに。

親権者の同意書は、
登記原因証明情報として、売買契約書とセットなのかな。
と勝手に思い込んだりしています。

難しい問題です、私には。(^^ゞ

度々すみませんでした。

hello21cさん、はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
本題ですが、売買契約についての親権者の同意書と、委任契約についての親権者の同意書がいると思います。売買契約についての同意書は登記原因証明情報と別に添付書類として記載すると思います。
登記申請についても、親権者は出てこずに未成年者が司法書士に依頼する場合で、その委任という法律行為についての親権者の同意が必要で、添付書類としては代理権限証明情報として未成年者の委任状と親権者の同意書の2つ記載するのかな~っと悩んだんです。
多分2つ書くんだろうな~っと思うんですが、本試験で出てもきっと合否に影響はない・・・・と思いたい。。
後日、ブログのほうに挨拶に伺わせていただきますね。お互い頑張って、来年の合格を目指しましょう。

おじゃまします

はじめまして。hiroさん。
21年度合格を目指している受験生「elly」です。
未成年者が登記申請するときの代理権権限証書について、私の考えを聞いてもらっても良いですか?おかしいと思った点はご指摘をお願いします。

私は代理権限証書の具体的内容としては「未成年者の委任状」で足ると考えています。
理由としては
① 登記申請行為が、私法上の法律行為ではなく公法上の登記所に対する意思表示であると  するならば売買契約等の委任と同様に考える必要はないのではないか
② 登記申請行為が、親権者の同意を得て締結した売買契約の履行行為に過ぎないことから
  改めて同意を得る必要がないものであるならば、司法書士への登記申請の委任も、正に
  (同意の不要な)登記申請行為の履行行為としての性質を有するといえる事から、委任契約  を締結するにあたって再度の親権者の同意は不要と解することが出来るのではないか

以上の理由から代理権限証書の具体的内容としては、「未成年者の委任状」で足るのではないかと考えている次第です。

 これに対して、登記申請行為を司法書士に委任することは報酬を支払わなければならないことから、同意を与えた売買契約とは異なる利益状況をもたらすので、やはり親権者の同意は必要ではないかとの疑問も頭をもたげてきますが、私は未成年者が随意処分を許されたお金で売買
契約を締結をする際に親権者の同意が不要なのと同じ様に考えることができるのではないかと思っています。



  


ellyさん、はじめまして。
本題ですが、未成年者が自分で登記をする場合は、ellyさんの書かれた②のような理由で親権者の同意は不要でいいと思います。
ただ、司法書士に頼むのはやはり委任契約で、これは法律行為なので親権者の同意が必要だと思います。
あと、未成年者所有の不動産を民法5条3項で処理するのは無理があると思います。
来年、一緒に合格しましょう♪

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winsor.blog36.fc2.com/tb.php/18-f70bfb8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。