スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登法(下)に突入 

今日は勉強の時間が取れた。明日は日本シリーズを見るから、その分、勉強時間は短めかな。この休日、順調に行けば、なんとか予定通りに不登法は終わるかも。


本日の勉強時間:約5時間
不登法  過去問:40問
      記述の問題:2問     

H15-25エ
前提:A死亡、(B、C、D)が相続人
Aの相続開始後にCが死亡し、Cの相続人FとDがその相続分をBに譲渡した場合には、Bは、B一人を相続人とする相続の登記を申請することができる。答:×

新たな相続人Fが出てきてはいるけれど、CとDがその相続分をBに譲渡したって考えられるんじゃないかと思ったけど、国語の問題として無理のよう。ちょっと分かり難い問題だと思うのは私だけ?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winsor.blog36.fc2.com/tb.php/24-4441a4bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。