FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社の役員の解任の訴え、清算人の解任の申立  

会社法、書式に関係する分野以外は記憶率が低い・・。午前の基準点も高いことだし、会社法は何とか-1問で押さえたいところ。条文読みながらテキストの反復あるのみかな。LECの択一六法を買おうかなとも思うけど、どんなもんかね~。

一昨日の勉強時間:0

昨日の勉強時間:0

本日の勉強時間:約6時間
会社法  テキスト:75ページ
不登法  記述の問題:1問
      

株式会社の役員の解任の訴え、清算人の解任の申立
□ 役員の解任の訴え(854)
・職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは定款に違反する重大な事実があったにもかかわらず、解任議案が否決された
・当該役員を解任する旨の株主総会の決議が(拒否権付)種類株主総会で否決された※
・(種類投票株式の)種類株主総会で否決された
   ↓
株主の役員解任の訴え
・100分の3(議決権ベース)+6ヶ月以上前
・100分の3(発行済みベース)+6ヶ月以上前

→株主総会の日から30日以内

□ 清算人の解任の申立(479)
重要な事由があるときは、裁判所は、次に掲げる株主の申立てにより、清算人を解任することができる
・100分の3(議決権ベース)+6ヶ月以上前
・100分の3(発行済みベース)+6ヶ月以上前


※「323条の規定により効力を生じない場合には」(854条)

「当該種類の株式の種類株主を構成員とする種類株主総会の決議があることを必要とする旨の定めがあるときは・・」(323条)

拒否権付株式でいいんですよね?
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winsor.blog36.fc2.com/tb.php/39-df1fa973

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。