FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年 商登法記述 

去年の商登法の記述問題を解きました。所要時間1時間7分。本試験の時より気持ち短めかな。本試験の時にはパズルのようだった役員も、それほど難しく感じませんでした。

補欠監査役ってことで、定款に補欠規定を探したが見つからず。実際はあったので、この部分で減点。印鑑証明書の通数まで間違っちゃうから痛いな。あと、会計監査人を答案構成用紙の上の方にチェックしてあったのに、記載もれ。それと、謄本を正本って書いちゃった。そんなとこです。記述の基準点が19、5点ってことを考えると、商登法の記述は私が思っていたよりは受験生のレベル高くないのかな。

でもね、合格レベルの人って、商登法の記述、どれくらいの時間で解くんでしょうかね。
私、時間掛かり過ぎかな??


本日の勉強時間:約2時間
商登法  平成20年の記述:1問
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://winsor.blog36.fc2.com/tb.php/70-2e2e4db4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。